スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イノベーションと反脆いもの、もしくは『反脆弱性』感想

今回の記事は、ナシーブ・ニコラス・タレブ『反脆弱性』についての感想を掲載します。

20170717-1.jpg

前回のブログ記事でブログ更新を一時休止するとお伝えしましたが、今後読書にいそしむにあたり、読書録をつけるのであれば、ブログを利用したほうがよいと思い、随時更新することにしました。

反脆弱性とは何か


20170717-2.jpg
『反脆弱性』において「反脆い」愛情を描いているとされている小説『失われた時を求めて』のなかの「スワンの恋」。美術商のスワンは、オデットに冷たくあしらわれて、さらに独占欲を駆られる。

「反脆弱性」という言葉は、その対義語である「脆弱性」といっしょに理解することが不可欠です。脆弱性とは、変化や不確実性が原因となって損失を被る性質を意味します。対して反脆弱性は、変化および不確実性から利得を得る性質です。ちなみに、変化および不確実性から損失も利得も被らない性質は「頑健」となります。

脆弱性と反脆弱性の事例は数多く挙げることができます。わかりやすいものとしては、「脆い」友情と「反脆い」愛情があります。友情はヒトの互恵的な関係ですが、その関係が安定しているあいだは、互いに利得を得ます。しかし不安定になると、時に壊滅的な損失を被ります。対して「反脆い」愛情は、関係が不安定なほうが当事者の感情を劇化させます。「道ならぬ恋」とような文学的モチーフは、愛情の反脆い性質を描いているのです。

歴史と反脆弱性


この反脆弱性と脆弱性の対概念は、実のところ、未来予想に活用することができます。「未来予想」という言葉で想像することは、「現在」より性能のよい製品やサービスに満ち溢れた世界、と考えるのがふつうです。しかし、未来には他の側面もあります。すなわち、未来においては脆いものは滅んでいるだろう、ということです。

脆弱性の定義とは、「変化や不確実性から」損失を被る性質、ということでした。この「変化や不確実性」のもっとも身近なものが、「時間」です。つまり、脆いものは時間が経てば必ず壊れなくなるのです。そういうわけで、未来とは現在に何かが追加されたものと考えるよりは、脆いものがなくなった世界、と捉えるのがより確実な見方なのです。

未来において脆いものが滅んで生じた空白は、おそらくは相対的に滅んだものより反脆い性質のものによって補充されることが多いと考えられます。しかし、その「反脆い」ものが具体的に何であるかは、容易に予想できません。というのも、あるものが「反脆い」かどうかは、「変化や不確実性」すなわち「時間」の試練に曝されることで確かめられるからです。簡単に言うと、「反脆い」ものは、歴史のなかで生き残ったものなのです。

まとめると、未来を予想するうえでより確実なアプローチは、「反脆い」ものを追加するよりは「脆いもの」を取り除く「引き算的なアプローチ」が有効、ということになります。

イノベーションと反脆弱性


以上の反脆弱性から見た「引き算」の未来予想は、イノベーションの実現に応用できそうです。イノベーションは、まずは破壊することから始めればよい、ということになります。脆いものはどの道こわれるのですから、人為的に早くこわして「反脆い」ものに置き換えたほうが、経済的にも倫理的にも正しいでしょう。このアイデアにもとづけば、イノベーションとは人工的に「時の試練」「自然淘汰」を起こすこと、と言うことができます。

無論、脆いものと置き換える反脆いものは、すぐには見つけることはできません。しかしながら、著書『反脆弱性』には、反脆いものを見つけるために「変化や不確実性」を人為的に発生させる方法が提案されています。その方法が「つつき回し」です。

「つつき回し」とは、一言で言えば試行錯誤です。「よさそうなアイデアはどんどん試せ、そして、成功するまで失敗しろ」という戦略です。「つつき回し」は、まさに自然淘汰を加速させるアプローチです。たくさん産んでたくさん死んだ末に、生き残るものを見つける、というわけですから。

こうしたつつき回しが成功している実例こそが、シリコンバレーのビジネスシステムです。Googleのプロジェクトでは、よく「早く失敗しろ」ということが言われるそうです。生き残る「反脆い」アイデアをより分けるには、無数の「脆い」アイデアを壊すことが不可欠なのです。

著書『反脆弱性』を読むと、ともすれば仕様や性能の上位互換のように捉えられてしまうイノベーションを、「自然の摂理」から見直すという治療効果が期待できます。

スポンサーサイト

ブログ更新一時休止のお知らせ

今回の記事は、今後のブログ運営に関して報告します。

このブログを始めてから、断続的に更新しながら、気がつけば2年が経過しました。

ブログを始めたきっかけは、何でもいいから自分のアイデアを発信したい、という思いからでした。今でもその思いは変わりませんが、現在ではもはやブログというスタイルに限界を感じています。

そのようなわけで、本ブログの更新は本日をもって一時休止します。

以下、ブログに限界に感じた理由をもう少し詳しく書きます。

ブログに限界を感じた理由 その1 『〈インターネット〉の次に来るもの』が有名になりすぎた


本ブログでは、ブログ作者の教養を深めるためにケヴィン・ケリー氏の『〈インターネット〉の次に来るもの』のインデックスを作成していました。

インデックス作りは、ブログ作者の同書に対する理解を深め、そして望み通り教養を深めることができた半面、非常に骨の折れる作業を強いられていました。また、著作権の問題を多少はらんではいました。

そんな状況下で、「Holos2050」の結成を知りました。このグループは、同書のアイデアを実現するために各分野の有識者が集まった「本気の」ものです。

このHolos2050の存在を知って、無名のブログ作者が同書について何らかの活動をする必要はもはやない、と感じました。

ブログに限界を感じた理由 その2 ブログはアイデアを伝えるには「小さい」


本来ブログに向いている内容は、日記的なものかニュース的なものです。体系的なアイデアを伝えるには、ブログは向いていません。

ブログ作者が本当にやりたいことは、「体系的なアイデア」を作り上げ、伝えることです。あるいは、「体系的なアイデア」を作り上げるためにも、ブログというスタイルから脱却して何かを書き続けないとならない、とも言えます。

ブログに限界を感じた理由 その3 本当にやりたいことは「小説」という実験を行うことだ


以上のような「体系的なアイデア」を「無名の人間」が伝える最適な手段は「小説を書くこと」だ、という結論にようやくブログ作者はたどりつきました。

実のところ、ここ数年で読んだ本のなかでいちばん好きなものはケヴィン・ケリー氏の「テクニウム」です。本当であれば、こうした正真正銘の「体系的なアイデア」をダイレクトに伝えるものを書きたい、という思いがあります。

しかし、「無名の人間」が著した「体系的アイデア」など文字通り歴史の闇に葬られて終わるでしょう。「世間」の無関心に抵抗して、自分のアイデアの種を撒くためには「小説」というスタイルを装うことが上策でしょう。

そんなブログ作者の書きたい小説は、いわゆる「文芸作品」ではなく言語による「スペキュラティブ・デザイン」的な試み、となるでしょう。ちなみに小説の内容は、VR・ARに関するディストピア小説になるかも知れない、とだけ書いておきます。

以上のような理由から、今後は小説を執筆することに労力を費やしたいので、ブログ更新は一旦休止します。もっとも、ブログ閉鎖はまだ考えていません。もしかしたら、小説執筆の一環として、またブログを更新する可能性もあります。

小説は1年間をめどに完成させるつもりです。小説が完成したら、またブログに記事を書くことになるでしょう。

最後に、本ブログを読んでくださった皆様に感謝をお伝えします。そして、必ず小説を書いた、という報告をします。


連載コラム記事の完結

今回の記事は、メディアで連載していたコラム記事を紹介します。

2017_blog_1.png


前回の記事で、ブログ作者がライターとして記事を執筆しているVRinsideで連載sていたコラム記事を紹介しました。
そのコラム記事が完結しましたので、改めて紹介します。

【連載コラム】毎日がVR元年(1)不可避なテクニウム進化のメカニズム〈前編〉

【連載コラム】毎日がVR元年(2)不可避なテクニウム進化のメカニズム〈後編〉

【連載コラム】毎日がVR元年(3)不可避なXRテクノロジーの進化システム〈前編〉

【連載コラム】毎日がVR元年(4)不可避なXRテクノロジーの進化システム〈後編〉

【連載コラム】毎日がVR元年(5)不可避に実現するXRテクノロジーの30年後


上記記事には、ブログ作者のオリジナルな視点は含まれてなく、
基本的にケヴィン・ケリー氏のVR・ARに関する考え方をブログ作者の言葉で再構成しています。
しかしながら、テクノロジー全般に関する考え方は、ブログ作者は原則的にはケリー氏に賛成しています。

このブログを始めてから断続的に執筆にしながらも、気がつけば2年が経過しました。
諸事情により、ブログ運営を大きく見直すことを考えています。

ブログ運営に関する記事は、また後日掲載します。

告知:VR関連コラム記事の紹介

今回の記事は、ブログ作者がメディアで連載している記事の紹介です。

20170421_photo.jpeg

ブログ作者はライター業に携わっているのですが、最近このブログの内容をネタにした記事を掲載していますので、告知します。

現在、ブログ作者はVRInsideというVR専門メディアで海外記事の紹介を行っています。このメディアで、海外記事紹介のほかにブログ作者がVR・ARについて考えていることを展開したコラム記事を執筆しています。

全6回予定で、現在は4回目まで掲載しています。それが以下です。

【連載コラム】毎日がVR元年(1)不可避なテクニウム進化のメカニズム〈前編〉
【連載コラム】毎日がVR元年(2)不可避なテクニウム進化のメカニズム〈後編〉
【連載コラム】毎日がVR元年(3)不可避なXRテクノロジーの進化システム〈前編〉
【連載コラム】毎日がVR元年(4)不可避なXRテクノロジーの進化システム〈後編〉

以上のコラム記事は、本ブログでインデックスを作成中のケヴィン・ケリー氏の著作『〈インターネット〉の次に来るもの』とその前著『テクニウム』をもとにして執筆しています。

コラム記事の内容は、上記2冊の著作をもとにしているといっても、論述を再構成するような体裁ではありません。ケリー氏の思想を、ブログ作者が自分の言葉で再構築するようなアプローチになっています。

残り2回の記事では、ケリー氏が考える30年後のVR・ARのすがたと、ブログ作者が考えるVR・ARが文化として定着するために解決すべき問題を提起します。

連載コラム記事が完結しましたら、本ブログでまた連絡する予定です。

来月以降は、また『〈インターネット〉の次に来るもの』のインデックス作りに精力的に取り組むつもりです。

『〈インターネット〉の次に来るもの』「BEGINNING」インデックス アイデア

今回の記事は、『〈インターネット〉の次に来るもの』「BEGINNING」インデックスのうち「アイデア」をまとめます。なお、最終章をほかの章より前にまとめるのは、単にブログ作者のスケジュール上の都合です。

20170317_1.jpg
2012年に発表されたNASAの人工衛星から撮影された地球の夜景。電気の光がニューロンのようにつながっている。

引用箇所末尾の番号はKindle版の位置番号を意味し、強調部分はブログ作者によるものです。

最終章「BEBINNING」のインデックスは、アイデアのみとなります。

アイデア


プラネットレイヤーとしての「ホロス」


・これから何千年もしたら、歴史家は過去を振り返って、われわれがいる3000年紀の始まる時期を見て、驚くべき時代だったと思うだろう。この惑星の住人が互いにリンクし、初めて一つのとても大きなものになった時代なのだ(5930)

・このとても大きなものは、それまでの種に対して新しい考え方(完璧な検索、完全な記憶、惑星規模の知的能力)と新しい精神をもたらす。それは始まっていくのだ(5942)

・100年前にはH・G・ウェルズが、こうした大きな存在を世界脳という名前で想像していた。テイヤール・ド・シャルダンはそれを思考の領域という意味でヌースフィアと呼んだ(5942〜5955)
H・G・ウェルズ『世界の頭脳』
 ヌースフィア

私はこうした惑星レベルのレイヤーのことを、ホロス(holos)という短い言葉で呼ぶことにする。この言葉で私は、全人類の集合的知能と全マシンの集合的行動が結び付いたものを意味し、それにプラスしてこの全体から現れるどんな振る舞いも含めている。(5955)


ホロスの特徴


20170317_2.png
アジア地域の鉄道、道路、インターネット網を撮影した衛星写真

・われわれが〈なっていく〉ものの規模を理解するのは難しい。これはわれわれが作った最大の何かだ(5955)

・すでに2015年には、全体で150億のデバイスが一つの大きな回路に接続されていた。た。それらのデバイスには、それぞれ10億から40億のトランジスターが入っており、このホロス全体では10垓個(10の21乗)のトランジスターが入っていることになる。(5955)

・その規模から言って、ホロスは脳の複雑さを大きく超えている。それにわれわれの脳は、ホロスとは違って数年ごとに2倍の大きさになったりしない(5968)

・われわれがクリックをするたびにホロスの知性の中にあるノードを強化する。つまりシステムを使うことでプログラミングしているのだ(5968)

・私の見積もりでは2025年までにはこの惑星に住む住人すべて、つまり100%がこのプラットフォームにほとんど無料になった何らかのデバイスを使ってアクセスするようになるだろう(5980)

・その秩序の階層はこれまでの最大の創造物である都市よりもさらに一段上だ。こうしたレベルの飛躍を物理学者なら相転移と呼ぶだろう。例えば氷と水、水と蒸気の違いといった、分子の状態が不連続に変化することだ(5992)

・われわれは〈始まっていく〉プロセスの中にいて、その非連続性のまさにエッジにいる(6004)

都市はホロスのニューロンなのだ。われわれはこの中に住んでいる(6016)

シンギュラリティーとホロス



bjork「all is full of love」。生命と機械の融合?

・この超生命体の出現で、科学者たちの中には「シンギュラリティー」という概念を思い出す人々もいるだろう(6016)

・一般には「強いシンギュラリティー」と「弱いシンギュラリティー」の二つのバージョンが知られている(6016〜6028)

・強いシンギュラリティーは、未来が超知能によってもたらされると考える。もし自分よりスマートなAIを作れるAIがあれば、理論的には世代を重ねるにつれそれ以上ないレベルのAIになっていく(6028)

・これ(自己進化するAI)をわれわれの「最期の発明」と呼ぶ人もいる。さまざまな理由から、私はこうしたシナリオは起こらないと思っている(6028)

弱いシンギュラリティーの方があり得る話だ(6028)

・それはわれわれの創造物がわれわれをより良い人間にする領域であり、一方でわれわれ自身がその創造物なしでは生きられなくなる領域だ。これまで氷の状態で生きてきたとするなら、これは液体だ──新しい位相なのだ(6028〜6040)

・この大規模で力強いプロセスの全体としての方向性は、明確で間違いようがない。これまでの30年と同じように、これからの30年もホロスは同じ方向へと向かっていくだろう(6040)

・われわれは始まっていく〉そのとば口にいるのだ(6040)

次回の記事から「FILTERING」のインデックスをまとめます。


プロフィール

吉本幸記

Author:吉本幸記
元エンジニアのフリーライター。テクノロジー系の記事を執筆している。アートにも関心がある。美術検定3級取得

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。