スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イノベーションと反脆いもの、もしくは『反脆弱性』感想

今回の記事は、ナシーブ・ニコラス・タレブ『反脆弱性』についての感想を掲載します。

20170717-1.jpg

前回のブログ記事でブログ更新を一時休止するとお伝えしましたが、今後読書にいそしむにあたり、読書録をつけるのであれば、ブログを利用したほうがよいと思い、随時更新することにしました。

反脆弱性とは何か


20170717-2.jpg
『反脆弱性』において「反脆い」愛情を描いているとされている小説『失われた時を求めて』のなかの「スワンの恋」。美術商のスワンは、オデットに冷たくあしらわれて、さらに独占欲を駆られる。

「反脆弱性」という言葉は、その対義語である「脆弱性」といっしょに理解することが不可欠です。脆弱性とは、変化や不確実性が原因となって損失を被る性質を意味します。対して反脆弱性は、変化および不確実性から利得を得る性質です。ちなみに、変化および不確実性から損失も利得も被らない性質は「頑健」となります。

脆弱性と反脆弱性の事例は数多く挙げることができます。わかりやすいものとしては、「脆い」友情と「反脆い」愛情があります。友情はヒトの互恵的な関係ですが、その関係が安定しているあいだは、互いに利得を得ます。しかし不安定になると、時に壊滅的な損失を被ります。対して「反脆い」愛情は、関係が不安定なほうが当事者の感情を劇化させます。「道ならぬ恋」とような文学的モチーフは、愛情の反脆い性質を描いているのです。

歴史と反脆弱性


この反脆弱性と脆弱性の対概念は、実のところ、未来予想に活用することができます。「未来予想」という言葉で想像することは、「現在」より性能のよい製品やサービスに満ち溢れた世界、と考えるのがふつうです。しかし、未来には他の側面もあります。すなわち、未来においては脆いものは滅んでいるだろう、ということです。

脆弱性の定義とは、「変化や不確実性から」損失を被る性質、ということでした。この「変化や不確実性」のもっとも身近なものが、「時間」です。つまり、脆いものは時間が経てば必ず壊れなくなるのです。そういうわけで、未来とは現在に何かが追加されたものと考えるよりは、脆いものがなくなった世界、と捉えるのがより確実な見方なのです。

未来において脆いものが滅んで生じた空白は、おそらくは相対的に滅んだものより反脆い性質のものによって補充されることが多いと考えられます。しかし、その「反脆い」ものが具体的に何であるかは、容易に予想できません。というのも、あるものが「反脆い」かどうかは、「変化や不確実性」すなわち「時間」の試練に曝されることで確かめられるからです。簡単に言うと、「反脆い」ものは、歴史のなかで生き残ったものなのです。

まとめると、未来を予想するうえでより確実なアプローチは、「反脆い」ものを追加するよりは「脆いもの」を取り除く「引き算的なアプローチ」が有効、ということになります。

イノベーションと反脆弱性


以上の反脆弱性から見た「引き算」の未来予想は、イノベーションの実現に応用できそうです。イノベーションは、まずは破壊することから始めればよい、ということになります。脆いものはどの道こわれるのですから、人為的に早くこわして「反脆い」ものに置き換えたほうが、経済的にも倫理的にも正しいでしょう。このアイデアにもとづけば、イノベーションとは人工的に「時の試練」「自然淘汰」を起こすこと、と言うことができます。

無論、脆いものと置き換える反脆いものは、すぐには見つけることはできません。しかしながら、著書『反脆弱性』には、反脆いものを見つけるために「変化や不確実性」を人為的に発生させる方法が提案されています。その方法が「つつき回し」です。

「つつき回し」とは、一言で言えば試行錯誤です。「よさそうなアイデアはどんどん試せ、そして、成功するまで失敗しろ」という戦略です。「つつき回し」は、まさに自然淘汰を加速させるアプローチです。たくさん産んでたくさん死んだ末に、生き残るものを見つける、というわけですから。

こうしたつつき回しが成功している実例こそが、シリコンバレーのビジネスシステムです。Googleのプロジェクトでは、よく「早く失敗しろ」ということが言われるそうです。生き残る「反脆い」アイデアをより分けるには、無数の「脆い」アイデアを壊すことが不可欠なのです。

著書『反脆弱性』を読むと、ともすれば仕様や性能の上位互換のように捉えられてしまうイノベーションを、「自然の摂理」から見直すという治療効果が期待できます。

スポンサーサイト

映画「ドクター・ストレンジ」はいかにして「インセプション」を超えたか?

今回の記事は、昨日鑑賞した映画「ドクター・ストレンジ」のビジュアル・コンセプトに関するものです。

20170128_topImage.jpg

映画「ドクター・ストレンジ」の映像表現上の最大の見せ場は、トレーラー動画でも引用されているニューヨークの街並が映画「インセプション」ばりに折れ曲がるシーンなのは明白です。

海外メディアIndieWireの記事では、「ドクター・ストレンジ」の視覚効果スタッフにインタビューして、同映画のビジュアル・コンセプトの起源について聞き出しています。そのインタビューから、同映画の画作りに影響を与えたものを3つ紹介します。

「ドクター・ストレンジ」を彩る3つのビジュアル・コンセプト


万華鏡


同映画の視覚効果スタッフは、「インセプション」で有名な街が折れ曲がるシーンに影響を受けていることを素直に認めています。同時に早くから「インセプション」を超えることを決意していました。

映画のなかでは、万華鏡をのぞいた時に見られるような画面全体が屈折したようなシーンがいくつも描かれており、ひとつのビジュアルテーマとなっています。視覚効果スタッフは、その万華鏡のイメージをニューヨークの街並全てに反映させて、あの有名なシーンを作り出しました。

万華鏡に着想された抽象的な動画は、YouTubeを探すと多数見つかります。以下にあの有名なシーンを彷彿させるアブストラクトな動画を引用します。


Monument Valley


万華鏡のイメージのほかに、あの有名なシーンを強烈なものとしている特徴に「重力回転」とでも言うべきものがあります。ふつう重力は地面に向かって働く引力ですが、例のシーンでは上下左右に「落ちる」のです(似たようなシーンはマンガ「ジョジョの奇妙な冒険」第六部のラストバトルでもありました)。

この「重力回転」は、実はiOSアプリ「Monument Valley」から着想したとインタビューで答えています。秀逸なビジュアルデザインのパズルゲームである同アプリでは、確かに床がルービックキューブのように回転して、頻繁に「重力回転」が起きています。


フラクタル


万華鏡のイメージと多少重なりますが、同映画のもうひとつのビジュアルテーマに「フラクタル」があります。

「フラクタル」とは似たようなカタチが何度も繰り返し現れる図形パターンのことで、ギザギザしたリアス式海岸がその典型例として知られています。

同映画トレーラーではフラクタルなイメージは登場しないのですが、実際に映画を鑑賞すると、フラクタル図形のなかでも特に有名な「マンデルブロ集合」に着想されたシーンがあります。

同映画のもっともフラクタルなシーンを連想させる360°動画がYouTubeにあったので、引用します。


コラボVRアートもある


ちなみに、「ドクター・ストレンジ」を制作したマーベル・スタジオは、同映画のプロモーションとして、VRアートツールTilt Brushを使うVRアーティストとコラボした360°動画も発表しています。

そんなVRアート作品のひとつである「重力回転」したニューヨークをTilt Brushで描いた360°動画を、以下に引用します。


マーベル映画が新次元に向かう扉を開いた「ドクター・ストレンジ」


「ドクター・ストレンジ」は、マーベル映画に超科学と魔法が融合した斬新な世界観をもたらしたと言ってよいでしょう。魔法的な世界観のマーベル映画には「マイティ・ソー」シリーズがありますが、主人公ソーが基本殴り合うだけのマッチョなのに対して、実際に呪文を繰り出すドクター・ストレンジの方がよりスタイリッシュに魔法を体現しているように見えます。

『〈インターネット〉の次に来るもの』の「SCREENING」インデックスは、次回以降の記事でまとめてアップします。

『これからインターネットに起こる『不可避な12の出来事』』書評

今回の記事は、書籍 『これからインターネットに起こる『不可避な12の出来事』』のレビューを掲載します。

20161202_photo_1.png

インプレスR&Dから出版された上記書籍は、今年7月にNHK出版から出版された『〈インターネット〉の次に来るもの』のダイジェスト版にあたります(以下、「ダイジェスト版」という表記でインプレスから出た書籍を、「完全版」という表記でNHK出版から出た書籍として、略記します)。

冒頭に書かれている訳者の服部桂氏の説明によると、ダイジェスト版は2016年7月14日にアメリカのロング・ナウ協会で行われた完全版についてのケヴィン・ケリー氏本人による講演会の資料をもとに作成したということです。

講演会が元ネタとなっているだけあって、ダイジェスト版は完全版には皆無だったグラフや画像がふんだんに盛り込まれています。反面、情報量は大幅に絞り込まれ、完全版だと40〜50頁に渡り詳細に検討されているテクニウム(ケヴィン・ケリーが考える自律的に進化するテクノロジーの総体)のメカニズムが10行程度に圧縮されています。そのため、ダイジェスト版を読破するには、1時間もあれば十分です。

以下に良い点、不満な点、そしてブログ作者のコメントを述べます。

良い点


テクノロジーが進化する12の方向性相互の関係がより明確に


完全版ではあまりの情報量の多さに、12から成る章の相互関係がわかり辛いと印象を持ちます。各章の質・量ともに圧倒的な記述について行くのがやっとで、他の章との関係に思いを巡らすことなど出来ないのです。

ダイジェスト版では、各章の記述はエッセンスのみに絞り込まれ、代わりに章相互の関係を明確にするような記述が目立ちます。

・「物事が液状化すれば、モノを所有するよりアクセスすることの方が大事になっていく」(ダイジェスト版 p73)
・「これからはシェアが可能なものはなんでもシェアされる方向に向かっていくと考えられる」(ダイジェスト版 p82)

上記の記述は、「4. ACCESSING」と「5. SHARING」に見られるのですが、シェアはアクセスできるようになって初めて可能となるというような章をまたいだ記述の流れが見えてきます。

直観的な理解が可能に


やはりグラフや画像があると、文字による論述を俯瞰するような視点が得られるものです。

例えば、ブログ作者も出席した日本の講演でも使われたAIと人間の知性の違いを図解した以下の図は、何度見ても秀逸です。

20161202_photo_2.png
ダイジェスト版p34より引用

質問と答えのあいだにある原理的に埋まらないギャップを図解した画像も魅力的です。

20161202_photo_3.png
ダイジェスト版p142より引用

不満な点


情報量が少なすぎ


身も蓋もないのですが、やはりダイジェスト版は完全版の代替物ではありません。時間と根気があるなら、完全版を読んだ方が得るものはたくさんあります。

はじめにダイジェスト版を読んでから、興味をもった章について完全版にトライする、あるいは完全版が分かりにくいと思ったら、ダイジェスト版で大略をつかむ、みたいな読み方が生産的なように思います。

ちなみに、訳者の服部氏は、ダイジェスト版は完全版のサブテキストだと述べています。

原作者によるツアーガイドと旅行記としてのインデックス作り


220161202_photo_5.jpg

ブログ作者にとって『〈インターネット〉の次に来るもの』は、テクニウムというアイデアから作ったコンパスを使って旅する未来の世界地図のようなものです。未来の地図なので、未来が現実となった時には本で描かれた通りというわけにはいきませんが、テクニウムというコンパスが指す方向性はおおむね正しいと言えそうです。

『これからインターネットに起こる『不可避な12の出来事』』は、そんな未来の世界地図に関する原作者自身が書いたツアーガイドだと捉えています。大まかな景色は見えますが、細かいところまではわかりません。

そして、
現在ブログ作者が取り組んでいるインデックス作りは、そうした「フューチャー・マップ」の旅行記です。この旅は、「テクニウム・コンパス」を手にして、写真を撮ったり日記を付けたりして描かれます。旅の記述は、極めて個人的なものですが、それだけに「リアルな」経験と言えます。

インデックス作りは、本当に自分の備忘録として作成しているに過ぎません。ですが、不特定多数の人々がアクセスできるようにすることで、シェアできる旅行記なのです。完成までにもう少し時間がかかりそうですが、気長に旅行します。

ケヴィン・ケリー 講演会 感想 & 報告

今回の記事は、昨日参加したケヴィン・ケリー氏の講演会の報告と感想を書きます。

20160724_image_1.jpeg


Tech界最強の導師の来日


WIZED主催で都内某所(WIREDの意向で開催場所の拡散不可)で行われたケリー氏の講演会は、新刊『〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則』の出版を記念して行われました。

参加者は200人以上で、ほぼ満員。男女比は男が9割弱、女が1割強。年齢構成は20代が最も多く6〜7割、残りが30〜40代で50代以上は見かけませんでした。

20160724_image_2.jpeg

実物のケリー氏を見て思ったことは、「現代のジェダイ・マスター」。あごひげをたくわえ、よどみなく話す姿を見て、ジェダイの服を着たらサマになるなぁ、と思わず妄想しました。

講演では、新刊で論じている人工知能、VR、情報管理についてケリー氏本人が解説しました。

知能に関するコペルニクス的転回


人工知能は、その進化が目覚ましい一方で、脅威論もかまびすしいのは周知の通りですが、ケリー氏は知能に関するドグマを指摘します。ヒトが知能について考えるとき、知能の基準を人間におき、ヒトより劣った動物、ヒトを凌駕するかも知れない人工知能という構図で捉えがちです。ケリー氏は、そもそも人間の知能を標準型として捉えるのが間違いである、と述べます。

20160724_image_3.jpeg

ケリー氏が提唱する新しい知能モデルは、「ハーモニーモデル」とでも呼べるものです。知能は知覚をはじめとして身体能力、思考力など様々な要素のかたまりのようなもので、ケリー氏は「知能は多くの音色が集まったようなもの」と表現します。このハーモニーモデルから見ると、知能における動物と人間の違いとは、音色の違いであって優劣ではないのです。

ハーモニーモデルでさらに重要なのは、すべての要素が優れている万能な知能など存在しない、という見解です。ある要素を強めるとほかの要素が弱まったり、ある要素が弱いがために違う要素が強くなる、というのが知能の実情なのです。

20160724_image_4.jpeg

人工知能開発で重要なことは、人間の上位互換のようなメタ・ヒューマンを目指すのではなく(そんなものは存在できない)、色々な音色の人工知能を作って知能の多様性を豊かにすることだと、ケリー氏は主張します。

経験を貨幣化するVR


20160724_image_5.jpeg

VRとケリー氏の関係は深く、ケリー氏はVRヘッドセットを1989年に体験していたとのこと。ただ当時のVRヘッドセットは使用環境を構築するのに100万ドルかかったので、当然ながら普及しませんでした。時代がくだって今日VRヘッドセットがブームなのは、価格が安くなったことが決定的要因なのです。

20160724_image_6.jpeg

VRが普及すると起こるのは、現在インターネット等で消費している情報がよりリアルになり、全身と相互作用する経験になることです。そのうえでケリー氏は、将来的には経験がインターネット上を流れる貨幣のようなものになる、と予想しています。

この「VRとしての経験の貨幣化」は、すでに現在でもその兆候を見ることができます。例えばYouTuberは何を売っているかと言えば、映像化された本人の経験です。現在、経験をインターネットで流通可能とする主要な技術は映像ですが、将来、YouTuberのパフォーマンスをVRヘッドセットを装着して視聴する日が来るのかも知れません。

代償を伴うトラッキング


20160724_image_7.jpeg

VR化された経験が貨幣のように流通する未来では、必然的に個人の経験が今まで以上に追跡=トラッキング可能となります。そうした未来では、主要なVR技術を提供する企業が最も多くのデータを蓄積することになります。この見方にもとづけば、未来のGoogleにあたる企業はVRエクスペリエンス検索技術を基幹ビジネスとしている、と言えます。

未来においても問題となるのが、情報の透明性とプライバシーのバランスです。公開する個人情報が多ければ、それだけより個人に適した言わばパーソナライズされたサービスを受けることができます。しかし、当然プライバシーは犠牲になります。ケリー氏は、こうした問題に「情報公開度のスライダーボタンモデル」を提案しています。

20160724_image_8.jpeg

ケリー氏は、ユーザは個人のニーズに合わせてどの程度情報を公開するか選択肢をもつべきだと主張します。そのうえで、プライバシーを守るためにはパーソナライズされたサービスは放棄すべきで、反対にパーソナライズされたサービスが欲しければ個人情報を公開しなければならないことを受け入れることが大切だと述べます。

以上のレジュメは、ケリー氏が講演会で語ったほんの一部しか触れていません。ブログ作者は、はじめは新刊を読めば講演会は行かなくていいや、なんて思っていました。しかし、講演会に参加した結果、ケヴィン・ケリーという人物が自分にとって「情報」でなく「経験」となったので、非常に刺激を受けました。

『〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則』の感想は、近日中にブログにアップします。

落合陽一トークイベントの感想記事が落合陽一にツイートされていた件

 今日の記事は、先日参加した落合陽一トークイベントの感想記事が落合陽一氏本人にツイートされた事件の顛末を報告します。

20160204_1.png 

 事件の発端は、ブログにトークイベントの感想を掲載した後の土曜の朝(1月30日)に始まりました。いつものように朝食を摂ったあと、各種ブログニュースをチェックしつつ、ブログのアクセス解析をしていると、アクセス数が異常な数を表示していました。普段のこのブログのアクセス数は、1日に10アクセスを超えたら繁盛したほうで、平均して1桁後半で推移しています。しかし、1月30日の朝8時前、突如として13アクセスも記録されたのです。はじめのうちはトークイベントに参加した人たちが、ようやく感想を見つけてくれた程度に思っていました。その日は1日を通してアクセスがあり、結果的に43人ものユニークユーザがブログを閲覧しました。このブログ開設以来の最高レコードです。以下にGoogle Analyticsの解析画像を掲載します。1枚目の画像が最近1ヶ月のセッション数の推移、2枚目の画像が1月30日のセッション数の推移です。

20160204_2.png 
20160204_3.png 
上の画像が最近1ヶ月のセッション数の推移。1月30日の異常ぶりが見て分かる。下の画像が1月30日のセッション数の推移。落合氏がツイートした7:40頃からこのブログがにわかにざわついたのが分かる

 日付が変わって1月31日になるとアクセスが平常値に近くなったので、改めてGoogle Analyticsでアクセスの流入元を調べると、twitterが浮上しました。ブログ作者は、twitterアカウントをツイートの閲覧にしか使っていないので、自身のツイートが感想記事拡散の震源地なのはありえません。そこでもしやと思い、落合氏のツイートを調べてみたら、自分の記事がつぶやかれていたことを知ったのです。知ったのは、31日夜でした。

 落合氏にリツリートしようかとも思いましたが、止めることにしました。その理由は、ブログ作者がtwitterに慣れていないこともあります。いちばん大きな理由は、近い将来、また落合氏のイベントに参加して、落合氏に読まれることを意識してブログ記事を書こうと決めたからです。

ブログはtwitterに比べると、リアルタイム性とインタラクティブ性に劣り、むしろマスメディアに近い情報ツールです。ブログで感想記事を書くとなると、イベントを思い出して書くべきトピックを取捨選択することが迫られます。twitterに比べたら、孤独な作業を強いられるのです。しかし、そうした孤独な時間によって、書く内容が熟成すると思われるのです。そして、この熟成された表現は、新鮮な表現とは異なる味わいがあるのではないでしょうか。ちょうど新鮮な果実と、その果実から作られた果実酒が異なるように。

 以上の事件は、まさに晴天の霹靂でした。だからといって、ブログ作者は自分のスタイルを変えずに、自分のアイデアと表現を熟成させていこうと思います。

 最後ですが、(きっと読んでいないだろうけれども)落合さん、ツイートありがとうございました!!


プロフィール

吉本幸記

Author:吉本幸記
元エンジニアのフリーライター。テクノロジー系の記事を執筆している。アートにも関心がある。美術検定3級取得

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。