スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ更新一時休止のお知らせ

今回の記事は、今後のブログ運営に関して報告します。

このブログを始めてから、断続的に更新しながら、気がつけば2年が経過しました。

ブログを始めたきっかけは、何でもいいから自分のアイデアを発信したい、という思いからでした。今でもその思いは変わりませんが、現在ではもはやブログというスタイルに限界を感じています。

そのようなわけで、本ブログの更新は本日をもって一時休止します。

以下、ブログに限界に感じた理由をもう少し詳しく書きます。

ブログに限界を感じた理由 その1 『〈インターネット〉の次に来るもの』が有名になりすぎた


本ブログでは、ブログ作者の教養を深めるためにケヴィン・ケリー氏の『〈インターネット〉の次に来るもの』のインデックスを作成していました。

インデックス作りは、ブログ作者の同書に対する理解を深め、そして望み通り教養を深めることができた半面、非常に骨の折れる作業を強いられていました。また、著作権の問題を多少はらんではいました。

そんな状況下で、「Holos2050」の結成を知りました。このグループは、同書のアイデアを実現するために各分野の有識者が集まった「本気の」ものです。

このHolos2050の存在を知って、無名のブログ作者が同書について何らかの活動をする必要はもはやない、と感じました。

ブログに限界を感じた理由 その2 ブログはアイデアを伝えるには「小さい」


本来ブログに向いている内容は、日記的なものかニュース的なものです。体系的なアイデアを伝えるには、ブログは向いていません。

ブログ作者が本当にやりたいことは、「体系的なアイデア」を作り上げ、伝えることです。あるいは、「体系的なアイデア」を作り上げるためにも、ブログというスタイルから脱却して何かを書き続けないとならない、とも言えます。

ブログに限界を感じた理由 その3 本当にやりたいことは「小説」という実験を行うことだ


以上のような「体系的なアイデア」を「無名の人間」が伝える最適な手段は「小説を書くこと」だ、という結論にようやくブログ作者はたどりつきました。

実のところ、ここ数年で読んだ本のなかでいちばん好きなものはケヴィン・ケリー氏の「テクニウム」です。本当であれば、こうした正真正銘の「体系的なアイデア」をダイレクトに伝えるものを書きたい、という思いがあります。

しかし、「無名の人間」が著した「体系的アイデア」など文字通り歴史の闇に葬られて終わるでしょう。「世間」の無関心に抵抗して、自分のアイデアの種を撒くためには「小説」というスタイルを装うことが上策でしょう。

そんなブログ作者の書きたい小説は、いわゆる「文芸作品」ではなく言語による「スペキュラティブ・デザイン」的な試み、となるでしょう。ちなみに小説の内容は、VR・ARに関するディストピア小説になるかも知れない、とだけ書いておきます。

以上のような理由から、今後は小説を執筆することに労力を費やしたいので、ブログ更新は一旦休止します。もっとも、ブログ閉鎖はまだ考えていません。もしかしたら、小説執筆の一環として、またブログを更新する可能性もあります。

小説は1年間をめどに完成させるつもりです。小説が完成したら、またブログに記事を書くことになるでしょう。

最後に、本ブログを読んでくださった皆様に感謝をお伝えします。そして、必ず小説を書いた、という報告をします。


スポンサーサイト

ブログ再開の予告

 お久しぶりです。

早いもので、もうゴールデンウィークも終わってしまいましたね。
そして、このブログを始めてから1年が経過しました。

さて、3月以降更新を中断していた本ブログですが
今月中に再開するメドが立ちました。

ブログ更新を中断しているあいだ
前回の記事でお知らせしましたように
あるテクノロジー系ブログニュースサイトの立ち上げに関わっていました。
そのサイトが辛うじて離陸したので、ようやく他のことができるようになりました。

ちなみに立ち上げに関わったブログに投稿した記事には、以下のようなものがあります。

 • VRヘッドセットはヒトをキーボードから解放する ーVRに対応したUI最前線ー

 • ディープラーニングの次に来るものーより人間的な学びを目指してー

 • コンピュータは人間に「汝自身を知れ」と語りかける ー人間を再定義するものとしての人工知能ー

他にも多数記事を投稿しているのですが、サイト運営側の都合でまだ掲載されていません。
掲載されましたら、当ブログにてお知らせします。

その他の動きとして、
現在、大手テクノロジー系ブログニュースサイトのギズモード•ジャパンのライタートライアル記事を執筆中です。
ギズモード•ジャパンのライター募集に応募したところ
書類審査がとおり、トライアル記事を5月21日までに提出することとなりました。

ブログの本格再開は、5月21日以降の今月中になります。


再開後のブログ運営は、今までと少し変える予定です。
というのも、twitterも活用することを検討しているからです。

あと、大きな目標として小説を執筆することを決意しているので
創作活動に関連した記事も投稿すると思います。

再開まで、もうしばらくお待ち下さい。


お知らせ

 早いもので、ブログ更新が1ヶ月滞ってしまいました。

ブログ更新が今後しばしのあいだ
少なくなりますので、そのことをお知らせする記事を投稿します。

最近、ブログ更新が滞っていたのは
ライター業でbitechoのほかに新しい契約先ができたからでした。

現在、新しい契約先が立ち上げ時期にあり
そちらの方に労力を割いていたため、ブログ更新が停滞していたのです。

新しい契約先のブログはまだ本格始動していないので
現時点でご紹介することができません。
しかし、記事の納品は既に定期的に行っているので
いずれご紹介できると思います。
ちなみに、新しい契約先は
WIREDを目指したテクノロジー系のブログを始めようとしています。
まさにブログ作者の得意分野です。


bitechoのライターを止めたわけではありません。
しかし、bitechoとは微妙に思想上の相違を感じはじめていたので
bitechoへの記事投稿は、少なくなると思われます。

このブログのことを忘れたことはありません。
おそらく5月以降は、今まで以上に記事を投稿できると思います。

5月以降、このブログを本格再開する時には
ブログ作者が何らかのアート作品制作を始動します。

特異点に関する考察を放棄したわけではありません。
むしろ、自分のアイデアを批評文ではなく、
アート作品というかたちで発表した方が、より大きな展開が望めると考えたからです。

とりあえず、ひとまず5月頃までは
このブログを半休眠状態にします。
大きな飛躍と覚醒に備えて。


まさに今、成長している特異点 (1) 序文

今日の記事は、近況報告と新しい長期連載記事について書きます。

20160123_1.png 
CES2016で発表された電子回路が編み込まれた衣服《e-skin》。《e-skin》は編み込まれた電子回路を使って、身体の挙動をトラッキングする言わば「着るモーションキャプチャ」である。

 まず、近況報告から。先日bitechoに新しい記事が掲載されました。掲載されたのは「革新的ハードウェアを生み出す拠点、DMM.makeレポート」です。原稿校正は必要最小限に留めて頂ているので、ブログ作者が書いた初稿がほぼ全て載りました。

 このブログを始めるきっかけとなった長期連載「表面世界の行方」は、長らくあまり読まれない状態が続いていました。がしかし、今年の1月9日以降、にわかに読まれるようになりました。最初は単なる偶然かと思いましたが、読まれ始めた日付からその原因が推察できました。1月9日はCES2016が終了した日なのです。
 CESとは、ラスベガスで毎年開催されているアメリカ最大の家電見本市のことです。CESの今年のトレンドは、昨年に引き続きウェアラブル機器とIoT製品でした。ただ、この技術トレンドからiPhoneのような世界を一変させる製品はいまだ誕生していません。こうした現状から、ウェララブル機器とIoT製品が向かう未来を予見しようとした長期連載記事がにわかに注目されたと思われます。

 長期連載記事の問題意識を現在のブログ作者が捉え直すと、次のようになります。「ウェアラブル機器とIoT製品は技術的特異点に向かうトレンドなのか、それとも一過性の流行に過ぎないのか」。この問いに対して、ブログ作者はこう答えたことになります。「技術的特異点の内実を情報立体化主義と解釈するならば、ウェアラブル機器とIoT製品は特異点に向かうトレンドである可能性が高い」。情報立体化主義とは、平面ディスプレイを介さないコンピュータとの相互作用的メディア体験を構築する設計思想のことです。そして実際、情報立体化主義的な設計に基づく機器がつぎつぎと開発されています。例えばWIREDの記事「さらば、「ウェアラブル」──その姿は消えてなくなる」を読むと、衣服自体が言わばインタフェースとなって、インタラクティブ性を実現してする実例が多数あることが確認できます。ブログ作者の未来予想は、かなり「いい線」を行っていたわけです。しかし、特異点の具体相を情報立体化主義と解釈するのは、あまりにも特異点を過小評価し過ぎていると思われてなりません。


情報立体化主義を徹底した最先端の事例のひとつである《Biologic》のプロジェクト動画。《Biologic》は体温に合わせて通気性が変化する衣服である。通気性が変化する機能は、衣服に納豆菌を植え付けて実現している。《Biologic》を生み出した設計思想であるラディカルアトムズは、情報立体化主義を着想する際に多いに参考にした。
 
 かつての長期連載記事は、テクノロジーの進化を情報技術という領域に絞って考察したものでした。今や日本でもロボット技術と未来の雇用について論じられるようになった現在では、かつての問題意識はあまりにも視野が狭すぎます。より広い視野から現在と未来を見つめ直す時が来たようです。

 新しい長期連載記事のタイトルは「まさに今、成長している特異点」です。これからの長期連載の問題意識とは、「(技術的)特異点にどのように立ち向かうべきか」です。この問題意識に答えるためには、少なくともふたつの問いかけに対してアイデアを表明する必要があります。ひとつめは、「そもそも特異点をどのように考えるか」。ふたつめは、「特異点に対してどのような姿勢あるいはアイデアを選択するのか」。ひとつめの問いかけには、連載記事のタイトルが半ば答えています。ふたつめの問いかけに関しても、ブログ作者なりの答えを用意しています。その答えを先取りすれば、こう表現できます。「特異点がもたらす未来を明瞭に想像できるのは、ただアーティスティックな創造力だけである。そして、未来を予見する創造力はスペキュラティブに行使すべきである」。

 前回の長期連載は原稿を完成させてから記事を掲載していました。今度の連載は、まさに書きながら記事を掲載します。そのため不定期連載となります。あくまで予定ですが、今年の上半期までには連載記事を完成させます。もちろん、他の記事も書きながら連載を続けます。なお、新連載を開始するに伴い、ブログカテゴリー「アイデアログ」を新設します。以前の連載記事のカテゴリー「メディア論」に新連載記事を追加しない理由は、ブログ作者の書きたいことがもはや人文科学の一分野に過ぎないメディア論に収まるものではないからです。

 次回の記事では、かつての連載記事で論じた概念である「歴史的イノベーション」がまさに特異点と同義であることを検証します。 


bitecho執筆日記 2015/12/31 DMM.makeとかクリエイティビティの4分類とか

 久しぶりの更新です。今日はbitecho執筆報告と、bitecho記事を作成しながら考えたことを書いていきます。 

20151231_image_1.png 
《伊藤穣一 - キーノートセッション「科学とデザインがもたらす複雑性への考察」》より

 先日お伝えしたように、DMM.make AKIBAにてデザイナーの小池さんにインタビューしました。その取材をもとにした記事をbitecho編集部に提出しました。掲載されるのは年明け1月中だと思われます。執筆した記事は以下のような二つです。どちらも仮題です。掲載されたら後日ブログで報告します。

 ●  Techを操るハイブリッドデザイナー 小池優子インタビュー
 ● 革新的ハードウェアを生み出す拠点DMM.makeレポート


DMM.makeで行われているモノ作りは、既存の日本的モノ作りとはかなり異質なものでした。一芸に秀でた職人の工房でもなく、トップダウン的に多数の専門家を管理•動員する日本的大企業の製造スタイルとも違いました。ブログ作者は、少数の異業種どうしの専門家が寄り集まって試行錯誤しながらデモを作っているMITメディアラボに似ているという印象を受けました。

DMM.makeでは一人もしくは数人で製品のコンセプトからデザイン、さらには技術的な作り込みまで一貫して行っています。ひとりの人間が異なるモノ作りの能力を状況に合わせて発揮しているのです。そんな光景を見て、MITメディアラボの所長である伊藤穣一氏が2014年に来日したときに述べたクリエイティビティの4分類を思い出しました。伊藤氏によれば、真にクリエイティブな活動をするためには、ひとりの人間のなかにサイエンティスト、アーティスト、デザイナー、エンジニアの4人が同居していることが望ましいのです。今日の記事のキービジュアルは、伊藤氏の講演で使われた4つのクリエイティビティのイラスト風模式図です。以下に講演の動画も引用しておきます。件の話は、動画開始時から30分くらいのところです。


 伊藤氏によれば、模式図でヨコに並んでいるサイエンティストとアーティストは、どちらも直接は役に立たないことをしている点が似ています。また同様にデザイナーとエンジニアは、どちらも何かを解決するために活動している点が似ています。それでは模式図でタテに並んでいるアーティストとデザイナー、あるいはサイエンティストとエンジニアはそれぞれどこが似ているのでしょうか。

ブログ作者が思い付いたのは、模式図のタテのつながりはアーティスト兼テクノロジストの落合陽一氏が『魔法の世紀』で述べている「表層」と「深層」に該当するという見方です。落合が述べる「表層」と「深層」とは、モノ作りに際するアプローチの違いです。製品のデザインやブランドイメージといった外身を落合は「表層」と呼び、伝統的にデザイナーとアーティストが担当してきました。反対に製品の機能と製造時の技術といった中身は「深層」と呼ばれ、エンジニアとサイエンティストの領分と考えられてきました。以上を踏まえて、伊藤氏と落合氏の論点をブログ作者なりに整理してみると、以下のような表になりました。

20151231_image_2.png 

 この表は言わばクリエイティビティの座標系と呼べそうです。表を詳しく説明すると長くなるのでしませんが、表を見てアレコレ考えてみて頂けると幸いです。とは言え、この表はあくまで暫定的なものですが、多少なりとも見通しがよくなった感じがします。ブログ作者がクリエイティビティにこだわるのは、21世紀前半中に起こるであろう学習能力を実装したロボットの普及による産業革命を意識しているからです。人間がロボットに対して優位であり続ける能力は、無からの創造を為すクリエイティビティをほかにおいてありません。

 ロボット技術の進歩を勘案すると、一芸に秀でた職人タイプは生き残れるかどうか疑問です。人間にしか出来ないこととは、複数のクリエイティビティを混ぜ合わせたり、複数の領域を横断することなような気がします。もっとも、このことはまだまだ結論が出せそうにありません。



プロフィール

吉本幸記

Author:吉本幸記
元エンジニアのフリーライター。テクノロジー系の記事を執筆している。アートにも関心がある。美術検定3級取得

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。