スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世の中には いろんなタイプの脳が必要だ』 8/19 スーパープレゼンテーションアンコール放送 感想

 今日は、久しぶりに見たスーパープレゼンテーションが面白かったので、その感想を書きます。
なお、ブログの本格的な再開は、10月を予定しています。

20150819-1.png 

8月19日のスーパープレゼンテーションでは、6月17日に放送された動物学者のテンプル•グランディン女史のプレゼンを紹介していました。テンプル女史は自閉症でありながらアメリカで著名な動物学者になりました。彼女は動物学の業績だけではなく、自身の自閉症の体験をまとめた伝記を執筆してたことで評価されおり、その伝記をもとにしたテレビドラマも作られました。

テンプル女史のプレゼンでは、人間の頭脳はその働き方によっていくつかの類型に分けられることを述べています。その類型とは以下の3つです。

視覚思考:ものごとを視覚的に捉えることが得意な頭脳。ものごとを考えるとき、画像検索のように自分のなかのイメージを操作できる。
パターン思考:ものごとに内在するパターン、秩序を見抜くのが得意な頭脳。数学、音楽(作曲)に向いている。
言語思考:ものごとを言語を使って整理することが得意な頭脳。いわゆる「物知り」な人の頭脳。役者もこの思考類型に長けている。

テンプル女史は視覚思考の人物で、牛の習性を考慮した牧場を設計するとき、まず設計図を書いてしまうそうです。

歴史的に見れば、言語が知識を伝承する唯一の手段だった頃には言語思考の頭脳になるように教育がされてきました。メディア学者のマクルーハンが文字教養中心主義というときは、明らかに言語思考のことを指しています。

文明が進歩して、写真や映画、コンピュータが登場すると、言語思考が知識を伝承する唯一の手段ではなくなりました。今日の先進国の社会では、視覚思考がかつてないほど要求されています。にもかかわらず、教育体制はいまだに言語思考中心主義から脱していないように感じられます。

クリエイティブな仕事をするうえで、これからの社会では言語思考の地位はかつてほど高く評価はされないでしょう。どんな人間でもインターネットより物知りではないのです。クリエイティブな仕事を進めるうえでは、視覚思考、あるいはパターン思考で構成された産物を、言語思考に翻訳して理解可能にする方向性が有望なように感じます。

ただいわゆる処世術としていちばん使える思考類型は、これからも言語思考なのは間違いありません。

言語思考を使って、パターン思考があるように見せかけていた人物には

20150819-2.jpeg 

が有名ですし、

最近では、視覚思考よりも言語思考の方が優れているのではないかと噂されている人物として

20150819-3.jpeg 

がいます。

やっぱり言語思考が最強なのでしょうか。悩ましいところです。


スポンサーサイト

プロフィール

吉本幸記

Author:吉本幸記
元エンジニアのフリーライター。テクノロジー系の記事を執筆している。アートにも関心がある。美術検定3級取得

最新記事

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。