FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『〈インターネット〉の次に来るもの』「SCREENING」インデックス ② エピソード

今回の記事は、『〈インターネット〉の次に来るもの』第4章「SCREENING」のインデックスのうちエピソードをまとめます。

20170224_3.jpg
古代アレクサンドリア図書館を描いた絵

なお、引用箇所の末尾の番号はKindle版の位置番号を意味し、強調部分はブログ作者によるものです。

エピソード


文字の文化による影響


・大量生産された本は人々の思考法も変えた。印刷技術によって使われる言葉の数が爆発的に増え、古英語の5万から、いまでは100万となった(1700)
『英語物語』/ 文藝春秋
Encyclopedia Americana, vol. 10 (Grolier, 1999)

・学問的な書物だけしか扱えない時代から、安価に印刷できる本というメディアを浪費して、心を打つ恋愛物語を書く人が出てきたり(恋愛小説が出てきたのは1740年だ)、王族でなくても回顧録を著したりする者が現れた(1709)
Pamela Regis, A Natural History of the Romance Novel (Philadelphia: University of Pennsylvania Press, 2007)

スクリーンの誕生と実験


・デジタル・ディスプレーの生産者は、毎年38億の新たなスクリーンを製造している(1725)
Lee Grahamとの私信( 2015 年 5月 1 日)



・高速連続視覚表示と呼ばれる読書の実験が行なわれており、そこでは1語しか表示されないスクリーンを使う(1824〜1836)
Rapid Serial Visual Presentation

ユニバーサル図書館の昔と今


・紀元前300年頃に建てられたアレクサンドリアの図書館は、当時の世界に出回っている巻物をすべて収集していた(1924)
『図書館 の 誕生』

・ブルースター・ケールはインターネット全体をアーカイブする活動を支援している(1936)

スクリーンの進化


・最新型のスクリーン(例えばサムスンのギャラクシーなど)は、あなたがどこを見ているかを分かっている(2087)
Phillip Moore, Eye Tracking: Where It' s Been and Where It' s Going

・いまではスマートなソフトがスクリーンを読むわれわれの感情を読み、その感情に合わせて次に出す画面を変えることができる(2087)
Mariusz Szwoch and Wioleta Szwoch, Emotion Recognition for Affect Aware Video Games

・昨年だけでも、コンピューター以外のさまざまな物に500京個ものトランジスターが埋め込まれた(2122)
Brewster Kahle

次回の記事は、「SCREENING」の「アイデア」のうち「インタラクティブ化するスクリーン」をまとめます。

スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

吉本幸記

Author:吉本幸記
元エンジニアのフリーライター。テクノロジー系の記事を執筆している。アートにも関心がある。美術検定3級取得

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。