スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ更新一時休止のお知らせ

今回の記事は、今後のブログ運営に関して報告します。

このブログを始めてから、断続的に更新しながら、気がつけば2年が経過しました。

ブログを始めたきっかけは、何でもいいから自分のアイデアを発信したい、という思いからでした。今でもその思いは変わりませんが、現在ではもはやブログというスタイルに限界を感じています。

そのようなわけで、本ブログの更新は本日をもって一時休止します。

以下、ブログに限界に感じた理由をもう少し詳しく書きます。

ブログに限界を感じた理由 その1 『〈インターネット〉の次に来るもの』が有名になりすぎた


本ブログでは、ブログ作者の教養を深めるためにケヴィン・ケリー氏の『〈インターネット〉の次に来るもの』のインデックスを作成していました。

インデックス作りは、ブログ作者の同書に対する理解を深め、そして望み通り教養を深めることができた半面、非常に骨の折れる作業を強いられていました。また、著作権の問題を多少はらんではいました。

そんな状況下で、「Holos2050」の結成を知りました。このグループは、同書のアイデアを実現するために各分野の有識者が集まった「本気の」ものです。

このHolos2050の存在を知って、無名のブログ作者が同書について何らかの活動をする必要はもはやない、と感じました。

ブログに限界を感じた理由 その2 ブログはアイデアを伝えるには「小さい」


本来ブログに向いている内容は、日記的なものかニュース的なものです。体系的なアイデアを伝えるには、ブログは向いていません。

ブログ作者が本当にやりたいことは、「体系的なアイデア」を作り上げ、伝えることです。あるいは、「体系的なアイデア」を作り上げるためにも、ブログというスタイルから脱却して何かを書き続けないとならない、とも言えます。

ブログに限界を感じた理由 その3 本当にやりたいことは「小説」という実験を行うことだ


以上のような「体系的なアイデア」を「無名の人間」が伝える最適な手段は「小説を書くこと」だ、という結論にようやくブログ作者はたどりつきました。

実のところ、ここ数年で読んだ本のなかでいちばん好きなものはケヴィン・ケリー氏の「テクニウム」です。本当であれば、こうした正真正銘の「体系的なアイデア」をダイレクトに伝えるものを書きたい、という思いがあります。

しかし、「無名の人間」が著した「体系的アイデア」など文字通り歴史の闇に葬られて終わるでしょう。「世間」の無関心に抵抗して、自分のアイデアの種を撒くためには「小説」というスタイルを装うことが上策でしょう。

そんなブログ作者の書きたい小説は、いわゆる「文芸作品」ではなく言語による「スペキュラティブ・デザイン」的な試み、となるでしょう。ちなみに小説の内容は、VR・ARに関するディストピア小説になるかも知れない、とだけ書いておきます。

以上のような理由から、今後は小説を執筆することに労力を費やしたいので、ブログ更新は一旦休止します。もっとも、ブログ閉鎖はまだ考えていません。もしかしたら、小説執筆の一環として、またブログを更新する可能性もあります。

小説は1年間をめどに完成させるつもりです。小説が完成したら、またブログに記事を書くことになるでしょう。

最後に、本ブログを読んでくださった皆様に感謝をお伝えします。そして、必ず小説を書いた、という報告をします。


スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

吉本幸記

Author:吉本幸記
元エンジニアのフリーライター。テクノロジー系の記事を執筆している。アートにも関心がある。美術検定3級取得

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。