FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トイレマークをリデザインしてみた」 海外ブログレビュー

 今日の記事では、海外のブログ記事を紹介します。
紹介する記事は、トイレのピクトグラム(絵文字)をリデザインしたイギリスのデザイン会社のものです。
オリジナルの記事は、こちら

トイレマーク_convert 


イギリスのデザイン会社SomeOneは、ユーロスター(ドーバー海峡トンネルを運営する高速鉄道会社)に依頼されて、従来の服装に基づいたトイレのピクトグラムのリデザインに挑みました。考えてみれば、現在主流のスカートをはいた人間で女性用トイレのピクトグラムを表わす方法は、古い偏見に基づいたものでもあります。

SomeOneのデザイナーであるManchipp氏がデザインしたのが、上の画像のような立つ姿勢で性差を表わすピクトグラムです。男性は脚を開いて立った人間で、女性はかかとを合わせて立った人間で表わされています。このピクトグラムは、確かに服装で性差を表わすより、より普遍的な特徴に着目しているように思われます。Manchipp氏は、このデザインに至るまでに、髪型で性差を表わす方法も考えましたが却下しました。

画像によって何らかの概念やメッセージを伝える営みは、それこそラスコー壁画まで遡ることができます。壁画はその後、一方ではより抽象性•記号性を増して文字の発明を促し、他方でより芸術性を重視して絵画へと受け継がれました。現在のような絵文字を発明•整備したのは、オーストリアの哲学者オットー•ノイラートです。ノイラート氏は、第2次世界大戦後、大衆を対象とした教育活動の一環としてアイソタイプを発明しました。アイソタイプは、複雑な概念をアイコンを用いて直観的に理解できるようにした記号体系です。

アイソタイプ_convert 
アイソタイプを使ったグラフ。ドイツ語が分からないくても、交通網の発達を説明していることは、直観的に理解できる。

アイソタイプは、後にピクトグラムやインフォグラフィックに多大な影響を与えました。インフォグラフィックは、主に統計データを直観的に理解できるようにデザインされた視覚デザインです。インフォグラフィックは、比較的流用可能なピクトグラムとは異なり、説明するデータごとにカスタマイズされた言わば「一点もの」が多いのが特徴です。

インフォグラフィック_convert 
インフォグラフィックの一例。グラフはPCT(特許協力条約)に基づいたコンピュータアプリの特許協力関係を視覚化している。インフォグラフィックでは、データを直観的に説明するだけではなく、美しく見せることも重視される。このグラフのオリジナルは、こちらから見れる。

現在において、最も身近なピクトグラムは何と言っても絵文字です。最近、AppleがiPhoneの絵文字を多人種対応にしたのは、記憶に新しいところです。今後新たに発明される絵文字もあれば、廃れる絵文字も出てくるでしょう。


スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

吉本幸記

Author:吉本幸記
元エンジニアのフリーライター。テクノロジー系の記事を執筆している。アートにも関心がある。美術検定3級取得

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。