FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外の『ルック•オブ•サイレンス』のレビューを読む 海外ブログレビュー

今日の記事は、海外ブログが発表した映画『ルック•オブ•サイレンス』のレビューを紹介する海外ブログレビューです。
今回の記事では、海外ブログの映画レビューだけではなく、『ルック•オブ•サイレンス』のインドネシアでの反響を映画プログラムを参照しながら紹介します。

20150722-1_convert.png 

本日の記事では、2つの海外ブログの映画レビューを紹介します。『ルック•オブ•サイレンス』は姉妹作『アクト•オブ•キリング』ほど複雑な構造の映画ではないので、レビューも目を見張るほど斬新ではなく、比較的穏当な内容となっています。

ひとつめに紹介するのは、イギリスの有名一般紙ガーディアンのレビューです。このレビューでは、加害者と対面するアディの態度を賞賛しています。虐殺の被害者の家族が加害者と会うというシチュエーションでは、被害者の家族が怒りに我を忘れたり、逆に恐怖で萎縮したりしてもおかしくはありません。しかしながら、『ルック•オブ•サイレンス』の主人公とも言えるアディは、怒りにも恐怖にも流されることなく終始毅然とした態度で加害者を問い質していました。『ルック•オブ•サイレンス』が感情に訴える安っぽい作品に陥らなかったのは、アディの態度に多くを負っているように思われます。

20150722-2_convert.png 

ガーディアンのレビューでは、ときおりスクリーンに写されるインドネシアの光景の美しさも賞賛しています。確かに映画中のインドネシアの森や、のどかに暮らしているように見える村の様子を見ただけでは、かつて虐殺があったとは到底考えられません。しかし、『ルック•オブ•サイレンス』の素晴しさは、こうした美しい光景やのどかな生活が偽りの歴史のうえに築かれていたことを暴くところにこそあるのです。

紹介するもうひとつのレビューは、アメリカの映画レビュー集計サイトmetacriticで最も読まれたレビューであるニューヨーカーのものです。このレビューで興味深いのは、『ルック•オブ•サイレンス』はホイッグ史観を批判しているという論点です。ホイッグ史観とは、歴史は常に正しい者によって更新される、あるいは勝者こそが歴史を作ると捉える一種の進歩史観です。虐殺の加害者が現在でも権力を握っている現実を記録した『ルック•オブ•サイレンス』を見れば、ホイッグ史観がまやかしのように思われてきます。

20150722-3_convert.png 
インドネシアでのプレミア上映会の様子を写した画像。舞台中央にはアディがいる。

インドネシア国内での『アクト•オブ•キリング』初回上映が秘密裏に行われたのに対して、『ルック•オブ•サイレンス』は政府機関のお墨付きを得て、インドネシア最大の劇場で封切られました。その会場にはアディも挨拶に来て、10分にも及ぶスタンディングオベーションがあったそうです。

しかし、軍と警察の息がかかっていると思われるチンピラたちが、上映を妨害すると脅迫する事件も起きました。軍と警察は安全確保という名目で、多数の映画館で上映を禁止しました。この事実上の検閲はインドネシアでも反発を招き、インドネシア国家人権委員会は上映禁止を取り下げるように活動しています。

『アクト•オブ•キリング』『ルック•オブ•サイレンス』は、人間の暴力性という普遍的な題材に安易なメロドラマに流されることなく真摯に取り組んでいることからしても賞賛に値する真面目な映画です。ただこの2作を独創的なものにしているのは、映画の可能性を深く追求しているから、とブログ作者には思われてなりません。 

【関連記事】
「禁じられた語りを打ち破る沈黙」映画『ルック•オブ•サイレンス』感想 ※ネタバレあり

スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

吉本幸記

Author:吉本幸記
元エンジニアのフリーライター。テクノロジー系の記事を執筆している。アートにも関心がある。美術検定3級取得

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。